本文へスキップ

お問い合わせメールはこちらから

プロレベルメンバーズクラブ

    ◆2019年

秋の一大イベント「歌謡祭」に出演!

 11月12日(火)に中野サンプラザホールにて『第46回歌謡祭』が開催され、7月14日に行われた出場者選考審査会で見事最優秀歌唱賞に輝いた小石春水さん(千葉県船橋市)が、生バンドの演奏で松山千春の「純 -愛する者たちへ-」を歌い、応援にかけつけてくださったファン、PMCの会員から声援を浴びました。
おめでとうございました!

2019年11月14日


ハイレベルな歌唱が続々! 「歌謡祭出場者選考審査会」開催

 7月14日、東京・代々木上原の古賀政男音楽博物館けやきホールでプロレベルメンバーズクラブを対象とした『歌謡祭出場者選考会』が行われました。  日本全国から集結した熱心な30名の参加者が、日頃から磨きをかけた歌声を遺憾なく発揮。回を追う毎に歌唱力のレベルアップが進んできたこともあり、最終の審査もかなり難航しましたが、松山千春の「純 -愛する者たちへ-」を歌った小石春水さん(千葉県船橋市)が見事最優秀歌唱賞に輝き、11月12日に中野サンプラザホールで開催される歌謡祭への出演権を獲得しました。また、金井淳子(神奈川県横浜市)、後藤薫(新潟市)、新海友也(山梨県大月市)、筒井かね子(北海道札幌市)、時田薫(東京都練馬区)の計5名の皆さんが歌唱賞を受賞しました。

2019年7月18日


「夏の歌謡フェスティバルVol.8」に出演

 7月16日・17日、かめありリリオホールにて開催した『夏の歌謡フェスティバル』のステージに選考審査で合格した6名が出演、喝采を浴びました。  16日はPMCから4回目の出場(歴代最多)となった本間純一さん(埼玉県川口市)が北島三郎の「のぼり坂」を、小林久美子さん(栃木県小山市)がクミコの「INORI〜祈り〜」を。17日午前の部には羽田 勲さん(愛知県春日井市)がクイーンの「愛という名の欲望」、江川めめさんがあべ静江の「みずいろの手紙」(東京都府中市)、同日午後の部には竹本寛義さん(東京都清瀬市)が前川清の「花の時・愛の時」、瀧宮麻里子さん(山梨県北杜市)が中島みゆきの「慕情」を披露しました。

本間純一さん

小林久美子さん

羽田 勲さん

江川めめさん

竹本寛義さん

瀧宮麻里子さん

2019年7月18日


春の吉例行事「第24回 歌手協会 紅白歌合戦」に出演

 4月3日に練馬文化センターで開催された『第24回 歌手協会 紅白歌合戦』に、選考審査を通過した4名のプロレベルメンバーズが出場しました。  紅組からは金井淳子さん(神奈川県横浜市)が門倉有希の「北の駅」を、森下しのさん(岡山県赤磐市)は藤あや子の「うたかたの恋」を。白組は伊藤 勝さん(東京都世田谷区)が尾崎紀世彦の「さよならをもう一度」、1月の新春歌まつりに続く連続出場の快挙を成し遂げた新海友也さん(山梨県大月市)が細川たかしの「望郷じょんから」を披露。全員が日頃から研さんを積んだ歌声をお客様に届け、大喝采を浴びました。

金井淳子さん

伊藤 勝さん

森下しのさん

新海友也さん

2019年4月4日


初春を彩る「第3回 輝け!新春歌まつり」に出演

 1月25日に日本橋公会堂で開催された『第3回 輝け! 歌の祭典 新春歌まつり』に、 数多くの申込が寄せられた選考審査を通過した、山田怜子さん(東京都品川区)が岩本公水の「雪の絶唱」を、新海友也さん(山梨県大月市)が福田こうへいの「母ちゃんの浜唄」を歌い、華やかに彩られた舞台にひけをとらない歌を披露しました。

山田怜子さん

新海友也さん

2019年1月26日


    ◆2018年


    ◆2017年


    ◆2016年


    ◆2015年


    ◆2014年


    ◆2013年


    ◆2012年


    ◆2011年